つ、ついに・・・・・(その3)

旅館の温泉で「汗と疲れを流し」(痛みは流れんかったw)

夕食にはまだ早いし「どうする?」と相棒に聞くと、とりあえず会場に戻って上級者の「試合観戦」がしたいとの事なので、再び佐久市へ向けて、別所温泉を後にする。

やっぱり、こ一時間掛かって会場に戻り、「うまいねー」「そこちがうねー」「今のは、ショット選択ミスだねー」などと、1人評論家になりながら、試合観戦(批評なんて楽なもんよ、ミスの部分をアーダ、コーダ言ってれば良いんだから、ね!評論家先生)(誰だよそれ?)

そうこうしてるうちに、試合も残り少なく(ってか、観たい選手の分は終わった)なったので、親睦会に参加しないヘタレとしては、そろそろ夕食をと言う事で、いったんホテルに帰ることに。

帰る途中で、どこか適当な店を探して・・・・・・(あら?ファミレス系ばかり?それも宿から結構遠いしwww)
それでも、とりあえずホテルに入って、いったん着替えてから、外出。

と、ホテルの目の前に「一軒の蕎麦屋」が・・・・・。

目の前だし、結構お客も入ってるし、「ここで良っか」と言う事で、店の中へ。

看板は「蕎麦屋」だけど、店内は居酒屋風。
「?????」と思いながらも、空いてる席に通される。

「お品書き」はと言うと、やっぱり「居酒屋?」。
でも、料金はとってもリーズナブル。
(これは結構良心的かも・・・と思いながら)

まず、「生ビール、中ジョッキ2つ」ね!
それと「マグロのカマ焼き」(信州でマグロかよ)
そして「タコとイカのから揚げ」(だから信州で魚介類って)
あと「・・・・・・・・」忘れた(殴り)

で、当然生ビールが運ばれてくる。
「かんぱーーい」  
「グビッ」
「くっーーーー
「沁みるねー、傷口に」(飛蹴り)
「アルコール消毒、アルコール消毒」などと言いながら、料理を待つ。(嬉)

で、運ばれて来た「カマ焼き」
「・・・・・・・!」(でかい)
しかも、結構身が入ってるしwww。

それでも、完食。(量が多すぎて・・・ほかの料理が )

だがしかし、「蕎麦屋」に入って、肝心の「蕎麦」が食えん  )
何してんだか??

カマだけで腹一杯になり、「タコとイカの唐揚」は結局残し(もったいない)
痛みと疲労で、1杯のビールで酔いが回り。
ってか、元々ビールは苦手(苦いて【殴】)

「蕎麦は明日にしよう」と言うことでこの日は終了。
これが、翌日に響くとは露知らず。


                       ・・・・・・・つづく・・・(まだ?)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック