つ、ついに・・・(ほんとに最終かい)

念願かなって「軽井沢17年」と「マロングラッセ」を手に入れ(相棒はワインを購入)

嬉々として、「メルシャン軽井沢美術館」を後に、一路「旧軽井沢」を目指して再出発。

ところがやっぱり軽井沢、この時期(これ4月です)はまだ「肌寒い」。おまけに霧まで出てきて視界がどんどん狭くなる。

仕方無いっちゃぁ、仕方ないんですけど、 初めてきた人間にとってはやっぱり天気の良い方がうれしい訳で・・・ちょっとブルー入ってます(だれ?日頃の行いが・・・なんて言ってる方)

それでも、付近の駐車場に車を止めて、「旧軽井沢」の中を散策。


「・・・・・・・・・・・・!」


なんだここ?「土産物屋」と「ジャム屋」ばっかりじゃん(呆)

相棒はあっちの店、こっちの店と渡り歩き、「ジャムの試食」
(かく言う私も付き合ってはいるのだが・・・)

そして、「ここのジャムが美味しいよ!」と買っていたのが、これ 
            

画像


茜屋珈琲店の「ブルーベリージャム」。
一瓶、1,575円(税込み)

「高!」

残念ながらここでは試食が出来なかったので、私は買わなかったのですが・・・(未知の物には手を出さない、ヘタレです・・・ね)(ほらだって、食べ物って「好みがある」じゃないですか・・・ホホホホ)

本人が喜んでいるのでこれはこれでよし・・ですかね。

それにしても寒い。(霧雨も降ってるしww)

チョッとどこかで「一休み」と思って、お隣の「茜屋珈琲店」へ、と思ったのですが「コーヒー700円」に思わず「後退り」

そんな高いコーヒー・・・・・(貧乏性ね)
それに店内にチョッと入りにくい雰囲気(なんせ、ショシガリなもので。へへ!)

でもやっぱり寒いし、チョッと「人疲れ」もあってとにかく休みたい。(どうも、人ごみが得意ではないし、こんな天気にみんな良く来るよ)(あんたもだよ)

ってことで、ちょうど町並みの中間ぐらいにある喫茶店へ入って、
注文したのが   

画像


「ミカド」さんの「ケーキセット」

ケーキは、まぁ普通の「チョコレートケーキ」ですが、コーヒーは私好みで「美味しかったです」(寒くて、温かいコーヒーの「ありがたかった」こと)(そっちか)








え?「蕎麦の話」ですか。

うぅ~~~ん。

蕎麦屋さんは、「旧軽井沢」へ入る前に、行くには行ったんですよ・・・・・。

「軽井沢美術館」から、車で走ること(飛ばねーだろ、ふつう)15分位ですかね。
着いたら「準備中」の看板が・・・開店が11時からだったのですな、これが。
仕方ないので駐車場で7~8分くらい待って、開店。

「1番乗り」と思って店内に入ったら・・・・先客が、あら?
どうも駐車場で待ってる間に、店先の看板は変わっていたらしい。

1番に入ったから、「どうだ」って事はないんですけどね。

気を取り直して(何の?)、早速「メニュー」「お品書き」を開いて、「何にしようかな~~」と
で、選んだのが「田舎そば」 (スンません、写真取り忘れです)
相棒は、寒いからと「鰊そば」(海なし長野で、しかも「鰊」か・・・)


「お待たせしました」。

「おぉ、来た来た!」

早速一口、「・・・・・・・」
つづいて二口「・・・・・・・」

あれ???

出汁が濃いのか・・・・!

それならと、「出汁」を付けずに、一口「・・・・・・・」
水を一口飲んでから、もう一口「・・・・・・・」




「蕎麦の味がしない」(泣)




あの馨しい、蕎麦の味も、のど元を過ぎるときの、あの香りも。 

戸隠で食べた時のあの鮮烈さも、更科の奥深さも・・・・・・・・ない 

朝食抜きだったから、最終的には全部食べたんだけど・・・

極めつけは「蕎麦湯」

蕎麦猪口に注ぐと・・・・・

「!!」

「蕎麦がき」か、って位に「とろ~~~」

確かにこれが「一番、蕎麦の味」

でもこれ、「別の鍋に蕎麦粉をぶち込んだ」?

明らかに別物(決して、茹で汁なんかじゃない)


「信州長野の新蕎麦よりも、わたしゃあんたのソバがいい・・・・」


確かにこの時期「新蕎麦」なんて、望むべくも無いのは重々承知してますが。

それにしても・・・・・。


こんなんじゃぁ、

相棒の「温かい蕎麦」の方が、結果的にはよかったのかも。


蕎麦だけは残念な結果でした。
(スカッシュの結果はある程度、折込済みだったので)って、をい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック